広島県府中市上下町の端っこで「ひっそり」と営業してる理容店のページです

menu

髪屋のモリヤマ

お金は誰のために働くの?

学校で・・・というより日本では「お金」の話をあまりしません。
「お金」が無いより有った方が良いと思うし好きな人も多いと思うのに・・・^^;

僕は子供達を育てていくのに『精神的自立』『肉体的自立』も考えていますが、
『経済的自立』も大事に思っています!

「まいったな、台風で外は大雨。でも、きょうは大事な会議があるから、さぼれないし。」
「今朝も寒むい!、そとは大雪か、でも会社いかなきゃ」
「電車のダイヤが乱れてる。ああ、また満員電車で通勤か?」
「車通勤で片道1時間以上も掛けて会社へ・・・面倒だな」

これ・・・良くある生活のひとコマです。
「お金」の為に働く事も大切ですが・・・ちょっと考えてみて下さい。

僕はお金を働かせてるんだろうか?それとも、お金の為に働いているのか?

お金が主人で僕が家来になってない?(爆)

本当は、お金を僕の為に働かせなくちゃいけないんだよ!
でもそのためには、ご主人様は賢くなくちゃいけない( ..)φメモメモ
さもないと、なめられちゃいますからね、お金に(・_・;)

お金に馬鹿にされると、家来はほかのご主人様のところへ行ってしまいます。
つまり、貯金がたまらない。だからこそ、ご主人様は、勉強しなくちゃいけない。

賢いご主人(戦国大名)様は、サボってるお金(家来)をみつけては、働かせてる!
お金(家来)のほうも、ご主人(戦国大名)様の戦略に従い、せっせと働き、友達(有能な部下)を連れて帰ってきます。
つまり、資産(国力と武力)が増えるわけですね。

こんな話しをすると戦国時代の歴史好きな娘は理解しやすい(笑)

経済的に豊かになるためにも、ご主人様(に成る為に)は勉強し、金融知識を高める必要があります。
学校の勉強だけじゃ経済的自立へは繋がらないぞ?

そして、それが維持できるか、どのくらいの資産が形成できるかは、ご主人様の力量の大きさや人格によって決まる。

戦国時代。
家来(お金)はいつも忠実とは限らないよね?
主人が無能なら手元から離れて行っちゃうぞ?
離れるだけじゃなくて主人に害を及ぼす事だってある!

子供達の『経済的自立』を願うからこそ
お金の「使い方」「働かせ方」の知識と知恵を一緒に勉強していこうね(#^.^#)

将来、家族となる男性や女性と付き合うとき、
経済的自立が出来てない相手だと苦労するんだから・・・

我が家の奥様には大変苦労を掛けましたm(__)m
え?今も!?(反省・爆)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031