広島県府中市上下町の端っこで「ひっそり」と営業してる理容店のページです

menu

髪屋のモリヤマ

気になる記事を見つけたので・・・

簡単に紹介します(*^_^*)

香港人の平均年収は約260万円なので、
日本人の平均年収414万円の6割程度です。

単純に考えれば、
日本人は香港人の2倍近い資産を
持っていてもよいはずです。

ところが、一説によると、
60歳以上で1億円以上持っている人は
香港人は「6人に1人」ですが、
日本人は「10人に1人」しかいないようです。

収入が半分なのに日本人の2倍も億万長者が
いるということは、香港人は日本人に比べて
4倍のスピードで資産を増やしているということです。

なぜ、収入の少ない香港人の方が収入の
多い日本人よりもお金持ちになったのか?

最大の理由は、資産の扱い方の違いです。

1995年から2015年の20年間で、
アメリカ人やイギリス人の金融資産は3倍に増えました。

ところが、日本人の金融資産の増加率は
その半分にも満たない・・・

香港は150年にわたりイギリスの植民地だったので、
資産についての考え方や増やし方も欧米流になっています。

だから、4倍もの逆転劇が起きていた、
というわけです。

資産運用と考えるのは典型的な日本人の
考え方です。

これに対して、お金の教育を受けた
西ヨーロッパの皆さんは「資産保全」を
大切にします。

なぜ、日本人は資産運用だと思うのでしょうか。

例えば、あなたは学校で
「資産運用」について何か習いましたか?

あるいはご家庭で、ご両親から「資産運用」
について教わりましたか?

多分99%の人が答えは「NO」のはずです。
「資産運用」などという言葉は、
学校でも家庭でも習わないのです。

それなのになぜ、
「資産運用」という言葉をしっているか
というと、銀行や証券会社、保険会社や
不動産会社などから教わってきたからです。

新聞広告やテレビCM、チラシや窓口で
金融機関が「資産運用」「資産運用」と声高に叫び続けてきた結果、
いつの間にか
「資産運用が大切だ」と信じるようになったのです。

だから、「金利が低いので投資信託を買って資産運用して増やしましょう」と言われても
違和感を感じない。

資産運用という掛け声のもとで、
「攻める!」事ばかり考えて「守る!」
ことが疎かになります。

その結果、
ギャンブルのような危険な商品を買って切なお金を減らしてしまう(>_<)

お金儲けに目がくらみ、
手数料の高い投資信託を平気で
買うような日本人。

守りが弱ければ野球もサッカーも安定して勝てませんが、
お金も一緒だという事が何となく解る記事でした(笑)

生きるために大事なことを子供達に伝えるのが僕の使命です!
今日も顔晴ります\(^o^)/

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村

form-img
※こちらからのお問い合わせ内容は、公開されることはございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930