広島県府中市上下町の端っこで「ひっそり」と営業してる理容店のページです

menu

髪屋のモリヤマ

次男の中学校入学式に出席♪

此の度、
我が家の次男が中学生となりました(#^.^#)

あの可愛かった次男がもう中学生?
って皆に言われます(笑)

名前を呼ばれ、
しっかり返事をしてる姿をちゃんと保護者席から見る事ができました!

教室の側に
15BEBD5B-7524-49FC-94A6-475520CEBAF2
「野球部」新入部員募集のポスター。。。

中学では卓球にチャレンジしてみたいと次男は言っていますが、どうなるでしょう?

野球と云えば
我が家の長男は今季から背番号「5」から「1」へ。
エース・ナンバーを背負った責任と自覚を持ってトレーニングを継続しています。

投手の魅力って何でしょう?
殆どの方が「球速」って答えるんじゃないでしょうか?

「球速」って、
数字で出るから誰にでも判りやすいですもんね。

で?
球が速ければ勝てる投手なの?って話です。

「球速」は投手の優劣を判断するモノの一つにしか過ぎないと僕は考えています。

バットを振るタイミングが遅れる。
ストレート(球速)が速ければ変化球が活きる。
威圧感が増して打者の腰が引ける。

球が速ければメリットも多々あります。

が・・・
それはトレーニングによって何とかなるレベルに限りがあるのも事実^^;

今から身長を1m伸ばせ
体重を200kg増やせ
関節を自在に外せるようにしろ!

極端な話しですが、無理なものは無理!(笑)

我が家の息子をご存知の方は判ると思いますが、
「圧倒的なパワーで打者を抑える」ような選手ではないでしょ?

勿論、球速アップのトレーニングも継続します。
何だかんだ言っても見られるのは「球速」ですから・・・(爆)

でもね。
投げる球が速いだけの投手なら何通りでも攻略法はあります(^_^)v

球速はトレーニングでも伸びますが一種のセンス・・・

足の遅い子をトレーニングで速くする事はできるけど、
何も教わってなくても元から速い子って居ますよね?

我が家の長男は残念ながら速球を投げるセンスは無い。

だからこそ
バント処理等のフィールディング。
何種類かの牽制を投げ分け。
セットポジションからのクイックモーション。
打者にタイミングを取らせない間の取りかた。

「センス」ではなく「技術」なんです。

この技術は打者にとって
速球と違い、目では見えにくい技術。

派手ではないけど
「何となく抑えてる投手」が我が家の長男(笑)

だからって球速を諦めてるんじゃないですよ?
今季中に怪我無く(これ大事!)軟式で球速130㌔を目標にしています。

何だかんだ言っても「球速」で判断される事が多いんだもん(爆)

さて、
次男は明日から自転車通学。

事故無く元気に通ってくれ!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村

form-img
※こちらからのお問い合わせ内容は、公開されることはございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30