広島県府中市上下町の端っこで「ひっそり」と営業してる理容店のページです

menu

髪屋のモリヤマ

葬儀を終えて・・・

BABDA835-A040-4A3E-BD0F-0E4DE2593554

2月23日(土)
朝方
梶田昌宏おじさんが亡くなられたと連絡が・・・

上下町長を4期も歴任されるほど人望厚く
喪主である次男と同級生の僕も子供の頃から可愛がって頂きました。

隣家として葬儀の段取りを執り行う我が家の父親から
「手伝ってくれるか?」と・・・

事あるたびに
「我が家は梶田サンのオカゲがあるから」と何度も聞いていたし
僕自身も感じているので
言われなくても精一杯の事は手伝います。

23日夜。
病院から自宅へ帰られた梶田サンに挨拶を・・・

奥様から
「シンちゃん。髪型がいつもと違うから、お父さんじゃ無いみたい・・・」と
泣き笑いのような顔で僕に仰います。

少しでも奥様に納得して頂ければと
もう一度出直して
眠っておられる梶田サンの髪をカット&ブロー♪

カットした
「遺髪は残しておいて宜しいのでしょうか?」と遺族の方から聞かれましたので
皆さん、残されますよ(#^.^#)

整髪が完了するまで必死に堪えていたのですが
奥様から
「お父さんに戻った♪」と言われたときには我慢の限界で涙が溢れてしまった。。。

喪主である僕の同級生と相談して
24日にもお父さんの顔を剃らせて欲しいと願っておきました。

葬式は2日後の25日。
どうしてもヒゲが伸びてしまうし
ご家族が電気シェーバーで整えてあげるより
僕が剃刀で剃ってから化粧をさせて頂いた方が良いと考えたからです。

 

葬式当日は会場に入りきれない参列者でいっぱい・・・
駐車場確保の難しさ、
屋外でのモニター設置、
記帳場所と香典受付場所の分離等。

普段の葬儀と違う段取りで参列者の方々や
遺族の方々に大変ご迷惑をかけてしまい反省していますm(__)m

出棺され
遺骨を持って菩提寺である
善応寺に戻ってこられる遺族の皆様を迎える準備を済ませると

遺骨を持った喪主から
「こんなに小さくなってしもうたよ・・・」の言葉に何も言えなかった・・・

多くの方々に愛され慕われた梶田のおじちゃん。
ゆっくり眠ってください。

今までありがとう!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村

form-img
※こちらからのお問い合わせ内容は、公開されることはございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728